Planetarian劇場版 星の人を観てきた


おっすおっす(^ω^)

Planetarian劇場版 星の人の上映が9/3に始まり、初日に早速見てきました。 近場といえる場所がいまいちないので千葉の京成ローザまで片道1時間半かけていってきましたヽ( ゚▽、゚)ノ とりあえず、トレイラーです。 ネタバレとかは書かないで総集編+本編の構成とかそゆこと書きます。

既に配信されてるPlanetarianですが、劇場版にほぼまるごと組み込まれてます。 基本は小説『星の人』で話の回想で配信版部分が数回に分けて挿入されます。 配信部分80分、星の人37分の合計117分だったかな? 配信部分は細かいところがカットされてるけどほとんど全部といっていいくらい入ってます。

映画としては淡々といいますか、基本的に登場人物がすごい少ないので派手なことは起きないです。 ファン向け映画なのかな・・・これだけ観ても話は分かりますけどkey好きな人用みたいな気もする。 客席もほとんど男のみで席が埋まってましたし(^ω^) 先に書きましたが映画部分だけできっちり判るようになってます。 小説読むと舞台となった場所がなぜこうなったのか、この空間に残されたモノの正体とかそういう背景が判ってちょっとお得、程度です。

なんていいますかね、最後でまじ泣きしちゃってスクリーンが歪んでしまった(;ω;) 周囲からも男たちのすすり泣きが多数聞こえてきたのできっとしょうがないんだよ!

自分は原作知ってたから泣いちゃったのかもしれないし、あえてお勧めはしないんですが良い作品でした。

0 人がこの記事を好きっぽい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。